毛呂山ボーイズ


毛呂山ボーイズ監督 篠原智

 低学年の指導は、今後のその子の道標となるものですから、とても重要と意識して行っています。また、低学年の子供たちを見てから、高学年の子供たちを見ると、改めて『基本の“き”』の大切さを認識します。

 初めて打席に立って緊張して何もできなかったり、初めて外野に飛ぶヒットを打ったり、初めてフライが捕れたり、初めて内野ゴロをアウトにしたり、初めて盗塁したり、初めて褒められたりと、子供たちは『初めて』があふれています。昨日できなかったことも、いつの間にかできるようになります。そんな個々の成長を見逃さず、次の段階へと叱咤し、心の底では応援しています。

 そして、選手と野球日記を交換しています。技術のコト、今日の試合のコト、修正するコト、悲鳴などあらゆる野球のコトを、『書く』というもうひとつの訓練でコミュニケーションを図っています。

 今後の目標としては、チームがこの先も長く続いていけるよう体制を整え、また卒団していった子供たちがやがて何らかの形で、将来、戻ってきてくれるような、そんな『寄りどころ』であるような球団づくりに努めます。